other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ポスター『ライツ』 絵 nakaban / 手書き翻訳原稿 柴田元幸 / 作 スチュアート・ダイベック

2,750円

送料についてはこちら

★ 画家・nakaban個展 nakaban expo “最近の手触り Recent Touches" 会期:2024年3月7日(木)〜4月1日(月) 会場:twililight 定休日:火曜、第3水曜 営業時間:12:00〜21:00 《イベント》 nakaban+柴田元幸『物語の手触り』 nakabanさんの幻燈と、翻訳家・柴田元幸さんの朗読によるセッション 日時:2024年3月6日(水) 開場:19時 開演:19時30分 終演:21時 会場:twililight 詳細はこちらから https://ignitiongallery.tumblr.com/post/743015910744391680/nakaban-expo-最近の手触り-recent-touches ー シカゴ生まれのアメリカ人作家、スチュアート・ダイベック。ダイベックの短篇集『シカゴ育ち』は訳者・柴田元幸が「いままで自分が訳したなかで最高の一冊」と言う作品です。 今回、『シカゴ育ち』収録の掌篇「ライツ」からポスターを作りました。 絵は画家・nakaban、手書き翻訳原稿は訳者・柴田元幸によるもの。 ダイベックの描くシカゴを、柴田元幸さんは『シカゴ育ち』のあとがきで以下のように書いています。 “アメリカとはいえ旧世界の記憶が色濃く残る、不思議な奥行きを備えた空間である。そこでは50年代のロックンロールとともに、ポルカのリズムがいつもどこかで響いている。野球場の喚声が遠くから漂ってくるとともに、聞き慣れない言語で祈りを唱える老婆たちの声が聞こえてくる” 下町の匂いや喧騒、風の街と言われるシカゴの無常感のようなものを、nakabanさんの絵からも感じることができると思います。 “夏のあいだ、夜を待ちながら、僕らは街角で日の名ごりを背にポーズをとり、近所を流して回る車を眺めた。時たま、ヘッドライトを点けずに走っている車が通ると、僕らはみんなでどなった。「ライツ!」” (「ライツ」より) --- タイトル:『ライツ』 発売日:2023年7月15日 サイズ:A2 小説:スチュアート・ダイベック   手書き翻訳原稿:柴田元幸 絵:nakaban デザイン:横山雄 ⭐︎ 書籍とのセットはこちら ポスター『ライツ』&『シカゴ育ち』セット https://twililight.stores.jp/items/64b0c2ac0662f2002f62ae15 ※セットは訳者・柴田元幸のサイン入りです

セール中のアイテム